FC2ブログ

俳優は危険な職業-山の手事情社1日体験入団-

\祝・劇団しおむすびホームページ完成/

おはようございます。
代表曰く真面目過ぎな奴、おぎです。

僕は9月ライブにも出演していないので、一部ファンの皆さん(←居てほしい)に
生存報告および近況報告をしたいなぁと思い、久々のブログ更新です!
楽しんでもらえれば幸いです(^o^)


それでタイトルの件です。
この前の日曜日に、山の手事情社さんの1日体験入団(5時間程度のワークショップ)を受けてきた感想を書いていきます。

10人程度のワークショップだったんですが、
顔ぶれは蜷川カンパニーの人から現役高校生、声優・俳優系の専門学校生まで様々な方がいました。
参加者それぞれの意識が高く、講師の浦さんの説明も上手くて、流石世界基準のカンパニー!って感じでした。
非常に収穫が多かったです。

内容については、どの程度まで触れていいのか分からないので、
とりあえず、浦さんのお話と山の手メソッドから考えたことを。


「俳優は危険な職業だ。俳優を名乗るには、ヨーロッパや韓国では、芸大出身の免許が必要。」

冒頭。
このような出だしから、話は始まりました。

「俳優は人の心を操る職業。だから危険なのだ。
 そして人の心を動かすにはエネルギーが必要。みなさんには『元氣』にやってほしい」


人の心を動かす、とか色々な言い方があると思うけど
この言葉はとても強烈でまっすぐで、心にズシンときました。


そんなこんなで、話は山の手メソッドに。
なんでも、海外の国立劇場でも取り入れられている方法なんだとか!

山の手事情社では、俳優の力を6つに科学している。
・観察力
・身体(感覚)
・声
・感情
・知識
・発想力(表現)

山の手事情社では、弱点を克服していくのではなく、
得意を伸ばす、エキスパートになるという方針を置いている。

これを基にインプロを考察してみると
「知識」のエキスパートなんじゃないかな、と。

「知識」といってもインテリジェンス(知性)に近く、
その場で何が求められているのか分かること、といった順応性や反応に関する能力とのことで、
これはインプロにも通じることだと思いました。


何かざっくばらんな感じになってしまいましたが、ホントにためになるワークショップでした。

9月からも随時、同様のワークショップが計画されているみたいなので、
興味を持ってもらえたなら、参加してみてはいかがでしょうか?


ではでは。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント