FC2ブログ

りん、最後の挨拶

どうも、りんです。

「しおふぇす2017秋」が終わりました。そして、私の劇団しおむすびも終わりを告げました。
終わりを告げた、というか、自分で終わらせたんですけどね笑

さて、最後の挨拶とかも兼ねますので、長くなります。話を長くするのは私の悪い癖ですが、退屈させないように努めますので、最後までお付き合いください。

しおむすび辞めますと宣言したのは、8月の上旬ごろでしたかね。いやぁ、あれから何だかんだで経ったなぁ。やめると決めた経緯は8月の上旬に上げたこのブログ記事を読んでみてください。

「しおふぇす2017秋」ではもっぱら演者・お客さんとして関わりました。いつもなら役者かスタッフかで全てに関わってましたから。お客さんとしていくのは、実は私にとってかなりレアなことなんです。

ふぇす本番が近づくにつれて、寂しさが募りに募りました。「もうなんでもない吉田光になる」というのは恐ろしく孤独を感じました。

それでも感動したのは、「特別なことしてもしゃあない、というかできねぇな」って諦められた自分と、シーンに出る時に暖かく支えてくれたメンバーと、学生メンバーが私のスタッフの仕事をきちんとやり遂げていたことでした。

なんだ、やってくれるんだ

と実感できることほど、幸せな瞬間はないと思います。



「しおむすび内乱」にて一期生のしょんさん、るん、えみり、僚、燎平、そしてレアキャラの荻原の7人が揃いまして、終演後のおまけとしてちょろっとシーンをやりました。シーンの出来は、うん、そんな問題じゃないです笑
とにかく幸せでした。

そして、「しおむすび Special Live!」が僕のしおむすび最後のショーとなりました。



最後ということで、しおむすびで最初に着たアロハシャツを着て参戦。最後のシーンではありがたいことに拍手喝采をいただきました。
最後のシーンのテーマは「成長」。これはペーパー開いたらでてきた言葉でしたが、なんとこのペーパーを書いたのは私の中1からの朋友あつしが書いてくれたものでした。

不思議なもんです。
いろんな人が僕の背中を押してくれているんだなぁと、心底から暖かいものが押し寄せました。



打ち上げの時に、まぁ多分色々とくれるだろうな、と何となく思った私はメンバーに何かしようと思い立ちました。それを思いついたのはふぇす最終日で、最寄駅に自転車を置いた時。

「いくらなんでも気づくの遅すぎだろう」と自分に呆れつつ、東中野駅に着くまでに考えていたら「手紙」かなぁと思い立ち文具屋で可愛いレターセットを買い、路地で手紙を書きました。

そしたら、いやぁ面白いもんですね笑
すらすら書けるでやんの笑

スタッフの仕事を教える時、まぁ私は器用な方ではないのできつく言ってしまったり、稽古でも落ち込んで周りを心配させてしまったりと、色々と迷惑をかけたメンバーに、本当に言いたいことを書きました。いやぁ笑っちゃうくらいにすらすらでしたね笑

流石に13人書くのは時間かかりまして、最後のコメディライブは遅刻しちゃいました。

そして打ち上げで色紙と花束を貰いました。正直花は予想外でした。花って貰って嬉しいと思うもんかなとか、前までは生意気なことを考えていましたが、嬉しいですね!笑
当然色紙も!笑



いろんな人から祝福されました。
ひろきゅんからは激励され、
次郎ちゃんもお互いの話を咲かせたり、Noyのおっちゃんは満面の笑みで握手してくれて、
大和君は泣いて感謝してくれて
みきも私の話を優しく聞いてくれて、
中野さんとだいき君はほとんど初対面なのに仲良くしてくれて、
マミーさんはボロボロ泣いちゃうし、
かりは相変わらず強がってましたし、
みやむーもおっとりしながらも讃えてくれたり。

メンバーは、うん。
全員から感謝されました。
やった甲斐ありましたね。

さて、長々と書きましたが、そろそろ締めといきましょうか。

私、吉田光は劇団しおむすびを卒業しました。
今後は役者の勉強をしつつ、働いてお金貯めます(茨の道すぎて笑いますが)。実は良い縁に恵まれまして某企業の契約社員になりました。こんなんでも芝居をやめようとしない私は叱られていいと思いますが、会社も芝居もやり遂げてみせるというのが、今の私の目標です。

インプロ自体は辞めませんが、自分からWS行くとかはしないと思います。あ、ショーは出たいですね笑
やはり、人に何かを与えるのは生き甲斐です。共演したい方は是非誘ってくださいな!

しおむすびを後援してくれた方
私と共に舞台に立った方
私と縁を結んでくれた方全員
本当に、本当にありがとうございました。

皆様のだれか1人でもかけていたら、今の私はいません。「りん良くなったよな」と少しでも思っていただけましたら、それは間違いなく皆様のおかげです。



メンバーに贈る言葉は手紙にしたためましたが、改めてお礼を。


本当にありがとう。

色々と不器用でかっこ悪くて情けないところいっぱい見せちまった。

でも、実はみんな大好きでね。困ったことにうまく伝えられねぇんだな、これが。

これからは俺が出来なかった「劇団しおむすび」を見せて下さい。

それじゃあ、行ってきます。




吉田光
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント