FC2ブログ

2016年を振り返って

りんちゃんです。



いやぁ、終わっちゃいますね、2016年。「何があった?」と言われたら、「ええっとね…」と整理するために口ごもるほどにいろいろとありました(笑)。
だから全部は書きだしません(笑)

しおむすびでのそれを書き出しますと、
・しおフェス2016でHP作成・インプロ出演・ベタハ出演
・「即興 de Night」の4,6,8月出演、そしてHP作成・更新。
・TILT出演

ふぉー。いろいろと出たのぉ、俺。

ですが、もうこんなには出なくなります。

自分のFacebookでも上げましたが、あたしは九月の「トランス」にて忍翔から役者の縁を切られました。
私の、さらなる飛躍のために、忍翔が背中を押してくれたのです。

ただ、九月からの私を振り返ると、うーん、よろしくなかったですね(笑)
グズグズしていました(笑)

自分が今までこの「劇団しおむすび」という団体に助けられて、頼り切っていた。
良い意味でも、悪い意味でも。
年末にいざ振り返ると、そう思います。

更に悪いことに、「地味ながらコツコツやっていく」ということを少し小ばかにしていた自分が大きくなっていきました。「少ない努力で大きな成功を」、なーんてことを追い求めるようになっていきました。
完全に焦っていましたね。なんか、後ろ盾を突然なくしたような気がして、いろいろと迷走しました。
焦っていろんなことに手を出して、要らない負債を背負うことになりました。全く、自分の浅はかさにも困ったものです。
その結果、団体内のアンケートにて、「成功しそうな人ランキング」にて最下位から一つ上の12位という結果に。
この結果にはかなり落ち込みました。数日、まともに寝れなくなるぐらいに。

まぁそんなわけで、いい加減自分の不安や寂しさということと真剣に向き合わなくてはならなくなっていきました。
これと本気で向き合わなきゃ、また同じ失敗をしちゃうんです。
そんなあほなことを繰り返すことは、期待してくれている人たちに対して本当に申し訳がたたない。

結局、裏切らないのはコツコツ積み上げていく努力なんです。

私の師匠の登坂倫子先生曰く、
「役者はアスリートであり、レンガ職人である」

アスリートのように心技体を鍛え、
レンガ職人のように気づきを積み上げていく。

そういったコツコツやることを、今後は嗤わずに、精一杯やっていきます。

それが、いやそれだけが、背中を押してくれた忍翔、いや、この団体に対する恩返しであり、期待してくれている周囲の人たちに報いるものです。

まだ、飛び立つのにビビッて翼を広げられない自分がいますが、
コツコツと積み上げたレンガがいつの間にか飛び立つのに怖くないような高さになったとき、
胸を張って飛び立とうと思います。

まぁこんな文章書いてるのに、団体からはまだ去らないというね(笑)
HPとかチラシとか、たまにプロデューサーもやったりすると思います。

今までとは違う活躍をする劇団しおむすびとしての私。そして、役者、インプロバイザー、タレントとしての私。

是非、今後も見守っていただけたらと思います。
図々しいですが、来年2017年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント