FC2ブログ

某運命のサーヴァント風プレイヤー紹介 解説


どうもりんこと喜田です。

最近、ありがたいことに評価を集めている、~Hey! Say! Improv Festival!!!~に出演するプレイヤーをあれ風にする、通称「某運命のサーヴァント風プレイヤー紹介」。

完全に趣味だったのに、どうやら意外と的を得ていることが多かったようで仲間内から高い評価を受けています。

まぁ、人物紹介の際に、そこらへんでやられている「こいつはこんなやつですww」みたいな紹介の仕方が気にくわなかっただけなんですけどね(笑)


さて、そんな中で残念がっている人たち、それは元ネタを知らない人たちです。

元ネタとは、まぁぶっちゃけいうと、Fate/Stay nightなんですけど(笑)

ええ大好きです。凛が好きです。りんだけに?やかましいわ。

Fateの説明を書いたら長くなったんでこっちにまとめました。しおむすびのブログでFateの解説をするとか意味わかんないんで(笑)


一通り読んだらなんとなく分かるようになってます。一読してみて以下を読んでみてください。


【セイバー(剣士)】

元ネタではバランスの取れたステータスから「最優」のサーヴァントと呼ばれています。

実際、Stay nightのセイバー(どメインヒロイン)も、いろんなどぎついハンデを背負いながらも白星をとったりと、安定した戦績を得ています。
え、割と苦戦が多かった?物語上仕方ないんや。あと負けて「くっ」となるセイバー可愛い。

クラス特性のスキルとして高いランクの対魔力とある程度騎乗スキルが備わっています。

~Hey! Say! Improv Festival!!!~では安定力のある人がそれっぽいなと思いました。
石田燎平常盤功一郎がセイバーです。

安定力とは、「出れば一定水準以上のクオリティのあるシーンを安定して創れる」力を指します。


突貫力・爆発力はあまりないものの、「ずっと見ていられる」堅実なシーン創りは、剣に例えられる気がしました。


【アーチャー(弓兵)】

元ネタでは宝具が強力な、遠距離攻撃を主体とするサーヴァント。
因みにStay nightのアーチャーは「弓とは…?」みたいなやつらがそろっています。弓兵のくせに主体攻撃が双剣だったり、湯水のように剣とか槍とかをぶっ放すチート野郎だったりするので、「弓兵」の定義が揺らぎまくってることで有名です。
とにかく「飛ばす何か」があれば弓兵のサーヴァントに該当します(公式では電気を開発したニコラ・テスラも「電撃」を飛ばす「弓兵」のサーヴァントです)。

なんか遠くからアイディアを飛ばしたり、影響を与えまくる人がそれっぽいと思いました。
ゆうき宮澤さくらがアーチャーです。

因みに元ネタ的にアーチャーは「単独行動」というスキルがあります。
通常サーヴァントは自身を呼び出した主からの魔力提供がないと存在を維持できないのですが、この「単独行動」スキルにより魔力提供がなくとも数日は存在を維持できるというスキルです。

ゆうきはしおむすびに所属していながら勝手にいろんなところに行っていろんなところでインプロしてたし、宮澤さくらはフリーの役者ですので、これもぴったりなんですなw

あと、遠くから影響を与えまくるけど、自身が影響を受けるのはあまり得意じゃない模様。


【ランサー(槍兵)】

元ネタでは白兵戦が最強のサーヴァント。白兵戦の能力が高いだけでなく、最高の敏捷性を誇っており、敵を攪乱させたり諜報をさせたりするなどできるため汎用性が高いです。あと、不幸で有名。
槍の宝具は槍自体だったり、槍技(大体投げる)だったりします。
Stay nightのランサーは著者お気に入りです。

これはあんまり元ネタを踏襲してません。槍のイメージが「突き刺す」なので、「シーンがやばいときに活路を見出す」のがそれっぽいなと。セイバーほどの安定力はないものの、突貫力、爆発力があります。
坂山煕久保勇貴のふたりです。

この二人は同じランサーですが質が違いまして、坂山の槍はシーンのやばい雰囲気を突き刺して爆発四散吹き飛ばす感じに対して、久保の槍はごちゃごちゃしている雰囲気を突き刺してシーンを理路整然とさせるのが得意です。


【ライダー(騎兵)】

元ネタでは強力な騎乗宝具があるライダー。ペガサスとか戦車とか船とか、はたまた竜とかあります。あまり知られていませんが幸運が高いです。
Stay nightのライダーは妖艶な大人な女性。鎖付き杭を短剣のように操ったりして白兵戦も嗜みがあったりします。「Heavens Feel」ルートでの大活躍により非常に人気の高いサーヴァントです。
ZeroのライダーはCV.大塚明夫で豪放磊落な性格で圧倒的人気を誇っていますね。


これはですね、ちょっと難しいんですが、「なにかに騎乗してる人」なんです…。これだけじゃわからないですよね。
該当してるのは私、喜田光一石川剛赤坂佳保です。

私は「人」に乗っかります。大体人のアイディアに乗っかってイメージするのが好きなので。
石川は「勢い」に乗っかります。大体「自分が作り出してる勢い」ですね。その勢いで人をシーンをショーを牽引させる力を生んでいます。

赤坂は、もうちょっと見極めさせてくださいw

うまくそれに乗りこなすとすさまじい威力を発揮しますが、それに振り回されるとおじゃんになる、若干博打性が高いですね。

どちらかというと影響を受ける方が得意な人。それゆえに甘え上手な人が多いです。


【キャスター(魔術師)】

元ネタでは権謀術数で相手をはめる、頭脳戦が得意な「魔術師」のサーヴァント。魔術で戦いますが、「対魔力」スキルがセイバー、ランサー、アーチャー、ライダーと備わっているのでぶっちゃけクラス自体が不利と言う何とも言えないサーヴァントです。
ただ、「陣地作成」スキルにより自分のいる場所を神殿に変えて、「道具作成」スキルで魔術礼装をそろえたりするので、時間を与えると籠城されて厄介なサーヴァントになります。

Stay nightでは「Unlimited Blade Works」ルートで悪役で活躍しました。柳洞寺という寺を自分の陣地に変え籠城戦にしたり裏をかいたりするなど。それ以外のルート?やめようぜ。

該当するのはもりやすいずみ田代佳穂田中麻衣花です。
基本的に自分の空間に引きこもりやすい人が該当します。
道具作成は、自分の空間から引っ張り出したアイディアと考えると分かりやすいですかね。

だからこそ、相手を自分に巻き込むようになったり、あえて相手の陣地に乗り込んだりすると面白いことになるサーヴァントですね。

アーチャーは距離が遠くて、キャスターは自分の空間にいる、という違い、分かりますかね?


【アサシン(暗殺者)】

元ネタでは高い敏捷と「気配遮断」という自分の気配を消すスキルを保有しており、諜報活動、マスターの暗殺などができるサーヴァント。戦闘においてでも確実に至近距離にいて声まで聞こえているのに、どこにいるのか全く分からないという、意外と戦えるスキルとなっています。

ただ、Stay nightのアサシンは「アサシンのサーヴァント、佐々木小次郎」と堂々と人前に姿を見せて名乗ることで度肝を抜かしたことで有名。セイバーを圧倒する剣技を披露する雅な美男子です。前述した説明は、Stay nightで出てくる「もう一人アサシン」が該当します。

該当するのは古村勇太伊盛信乃
二人はですねえ、完全に第一印象というか、予想を裏切ることをしでかすのがアサシンなんですよねえ。
「お前そんなことすんの?」みたいな(笑)

ぶっちゃけいうと、あんまりすごそうに見えないのにすごいことするという意味で「気配遮断」です(笑)


【バーサーカー(狂戦士)】

元ネタでは「狂化」スキルにより理性を失う代償にステータスを上げるサーヴァントです。基本的には弱いサーヴァントを強くさせるための弱者救済措置としてあるのですが、なぜか元から強い英雄を呼び出すことが多く、もはや狂化がデメリットでしかない場合が多いですね。

Stay nightでは屈強な大男。文字通りの化け物。理性がないのにも関わらず、主である少女を守るための行動を見せ、それが主従の深い絆を感じられます。正に大英雄。高い人気を誇っています。アニメUBWのアレンジでさらにファンが多くなったのではないでしょうか。

該当者は高橋笑里伊藤俊輔菅原百合子です。

多くは語らん。見たとおりの意味です。

大体緊張でわけわからなくなってるんですよね。
でも、それでシーンが面白いところに転ぶんで、一概にデメリットというわけではないんですよ。


【ルーラー(裁定者)】

これはStay nightにはないクラスです。
このサーヴァントを呼び出す戦いを「聖杯戦争」と呼ぶんですが、ルーラーは聖杯戦争を監督するサーヴァントです。
Stay nightでは言峰綺礼という監督する人間がいたので不要なクラスなのですが、人間じゃあちょっと管理しきれない規模の状況下の聖杯戦争などで呼び出される特殊なサーヴァントです。基本的にサーヴァントがサーヴァントを召喚するのはルール違反ですが、ルーラーはそれが出来ます。

クラス別スキルとして、サーヴァントの絶対命令権である令呪を所有していたする「神明裁決」スキルなど強力な所有しています。まあ監督役なので勝敗には関わらない中立の立場を保ちます。
Apocryphaのルーラーは聖女で業火に焼かれたあの人。生前は純潔を守ってきましたが、恋愛話になると急にそっちに興味を持っちゃう案外すきものなお人。可愛い。

該当するのは忍翔

ある意味でサーヴァントを呼び出す、ディレクションという名の令呪による命令、ルーラーにぴったりですね。


疲れた!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント