FC2ブログ

【ベター・ハーフ】2/10の稽古、と「ベター・ハーフ」とはどんな作品か

どもーりんでさぁ。

さてさて、遂に一月を切りました、しおフェス。

「忍翔が死ぬフェス」だったのに、動画だの何だので「りんが死ぬフェス」になってる気がする。まぁ忍翔も十分に死んでるんですが笑

さてさて、ベター・ハーフベター・ハーフ。


ようやくの通し連。



場所は思い出深き場所、王子の「堀船ふれあい館」
広いし綺麗。言うことなし。
駅から徒歩20分というのを目をつぶれば最高の稽古場です。いや本当に。

因みにですが、

石川剛がしおむすびに初めて介入したのは、2014年夏にやった忍翔の連続WSで、ここ堀船ふれあい館で行われていました。因みにそのWSでは、現しおむすびメンバーでありPlatformのメンバーになったゆうき

インプロ団体「ナマタマゴ」の主宰を務める高木実希など、

幅広い場所でインプロを活動するきっかけとなったWSです。いや、いろんな伝説の始まりだな……みきがインプロやらんかったら伊藤俊輔丸山智貴もやらんかったわけだし…。

さてさて、ベター・ハーフベター・ハーフ。話題それんなーおい笑

通しやってて思ったんですけど、このベター・ハーフってお芝居、変です。

それは何か、それは「時間の経過」の仕方です。

最初は時間経過が「3日後」とか「一週間後」とかの可愛い日数だったのに、「4カ月後」「1年後」となります。では、「ベター・ハーフ」というお芝居の始まりから終わりまで、どれぐらいの日数が経っているのか。

集いし脳細胞が、新たな答えを照らし出す!光さす道となれ!

シンクロ召喚!

3年7ヵ月30日+α
(因みに回想で物語が始まる前の出来事とか挟むんで、それも含めたら3年10カ月30日になります)

おいおいおい、中坊が受験生になっちまうよ!

まぁつまりですね、この「ベター・ハーフ」、登場人物4人の中での、このロングスパンの中で起きた超ビッグイベントだけをくり抜いて繋げてる構成になってるんですわ。

つまりどういうことか?
演ってるこっちゃ変を通り越して大変だってことだよ、言わせんな恥ずかしい!

まぁ、やりますけどね。なんせ俺たちしおむすびですから。
そんじょそこらの小劇場団体とはわけが違うとこ、見せたりますよぉ~。

本番をお楽しみに♪

PS.
PV!みんな見てね!
頑張って作ったから!




劇団しおむすびPresents
第4回鴻上尚史企画

ベター・ハーフ

作・鴻上尚史 演出・忍翔(おしょう)

天国でひとつだった魂は、この世に分かれて生まれてくる。
その自分にとっての片割れは、ベター・ハーフ(Better half)と呼ばれる。

始まりは嘘と誤解だった。

新人サラリーマンの諏訪祐太は、上司の沖村嘉治に「自分の代わりにネットで知り合った女性とデートをしてほしい」と頼まれる。
そこで出会ったのは、トランスジェンダーである小早川汀に、同じ様に身代わりのデートを頼まれた平澤遥香だった。

自分が本当に愛し、愛されているのは誰なのか。

若い男女と中年男、そしてトランスジェンダー。
ここから4人の物語が始まった。

【日時】
2016年
3月11日(金)19:00
3月12日(土)14:00
3月13日(日)17:00

予約はこちらまで!

【場所】
Performing Gallery & Cafe 絵空箱
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

【料金】
3000円(1drink付)

【出演者(役名)】
喜田光一(諏訪祐太)<劇団しおむすび>
石川剛(沖村嘉治)
根本理菜(小早川汀)
岡本知里(平澤遥香)<劇団しおむすび>

特設サイト、随時更新中!
Click here!

ベター・ハーフPV完成!
こちらで視聴できます!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント