FC2ブログ

某運命のサーヴァント風プレイヤー紹介 その7



【クラス】セイバー
【真名】石田燎平
【属性】中立・中庸
【マスター】ルーラー


保有スキル


・対魔力:A
魔界に導くアイディアに対する耐性。その才能と直感はその魔を利用し新たな遊び要素として昇華させる。

・直感:B+
才能に基づき、「如何にすればシーンを面白くするか」を自然にチョイス出来る、最優たるセイバーに相応しいスキル。

・遊び心:A
「如何にしてこれを使って楽しむ」かを、その経験と才能を以って解を導き出す。それは時に人に悪戯をしたり、人を唖然とさせるものであったりと、全く飽きない彼の人柄。対人・対シーンスキルとして昇華している。

・演技力:B+
セイバーの天性の才能、逞しい身体から繰り出される張りのある良き声、魅力的なキャラクターを創り出すことから、舞台上で一挙一動に注目がいき、一番の注目をかっさらうことができる。経験もあるが、才能によるところが多いスキル。自然とシーン中に相手に影響を与える。

イサム・フレッシュマン:A
学習院大学演劇部「少年イサム堂」のフレッシュマンと呼ばれる世代の一員である称号。
彼の人柄は絶大な信頼と友好で繋がっており、高いランクを保有する。「フレッシュマン」と名のつくプレイヤーとシーンを行う場合、ステータスが上がる。

劇団しおむすび一期生:B+
日本初の学生即興演劇団体「劇団しおむすび」の旗揚げメンバーであるが、学業を疎かにしすぎて四年生の時に時間が取られたため、ランサーほどの高さは保有出来ていない。一期生とショー・シーンを共にする場合、ステータスが上がる。


宝具

八卦掌回天(あんていかんのあるおとこ)
種別:結界宝具
ランク:B

最優のセイバーたる所以である、「いかなる状況においても一定以上のクオリティを成せる」という絶大な信頼が宝具に昇華した。
如何なるプレイヤーとシーンをプレイしてもデメリット補正を受けることなくシーンに取り組むことができる。それ故にショー全体を巻き込み得る結界を生成し、お客にすら安心感を与えることができる。

名前の由来はセイバーの好きな漫画「NARUTO」の日向ネジの体術から。「ネジの死に方あっさりすぎねぇ?」とよくセイバーは愚痴をこぼす。



暗雲切り裂く勝利の剣(エクスカリバー)
種別:対シーン宝具
ランク:A+

セイバーの振るう「剣」とは彼の才と技である。似たような効果があるランサーの「暗礁砕く光明の槍」と比べると、ランサーは特攻かまして爆発力があるのに対し、セイバーは武器として「剣」を扱うため、真名解放せずとも相手に影響を与えることができるため、ゆっくりじっくりとシーンを行える点で異なる。
暗雲が立ち込めようとしても圧倒的に具体化をさせることで取りこぼしを防ぎ、「いかなる状況においても一定以上のクオリティを成せる」効果をもたらす希少な能力。
真名解放すると、突如としてシーンに爆発力がうまれ、勢いのあるシーンに昇華する。どちらかというとセイバーはこちらの方が好みだが、真名解放は好きなタイミングでできるわけではないため、少々悶々とする時が多い。



~Hey! Say! Improv Festival!!!~に出演するプレイヤーの紹介記事です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント