FC2ブログ

ワークショップ(劇団のらねこ屋)

昨日のワークショップは学生劇団「劇団のらねこ屋」のメンバーに向けて発信。

案の定楽しすぎて写真を撮れなかったので内容長めw

当日に来れなくなってしまった人がちょくちょくいたことで、僕含め4人の超少人数。
でも、今までの経験からして少人数であればその分得るものが大きいとのジンクスがあるのでね。
結果的にめちゃ多かったですw

3時間みっちりやると言うよりもゲームをはさみながら色々しゃべるといった感じでした。
皆さんとても熱心で(正直メンバーよりw)とても有意義な時間でした。

1番念を押したのは「安全な場をつくれる人間になること」

表現者は常に危険と隣り合わせです。
普段の自分から外れたことを表現するために、殻を破っていかなくてはいけません。
殻を破るとき、人は恐怖が生まれます。
自分のコントロールを外れてしまうことを恐れるからです。

そんな状態にある人たちを恐怖によって押さえつけてはいけません。
「それはダメだろ!」とか「なんでできないんだ!」とか。
日本の演劇界はいつから体育会系になったんでしょうw
抑えつけて型にはめて芸術が生まれるなら苦労しません。
より自由にしていくためには、グループの精神が「寛大さ」でなくてはいけません。
いわば安全な場である必要があるわけです。

昨今、こういう場を作れる人間はどんどん減っています。
許容、寛大ということが出来なくなっている。
それは「正しさ」を求めているからだと思います。
「喜び」を求めれば、そんなことは起こらない。
インプロはそのヒントがたくさん眠っています。
大学生という微妙な時期だからこそ、こういう能力を身につけてほしいと思います。

劇団のらねこ屋さん、ありがとうございました!
またやりましょうね♪


劇団のらねこ屋のブログ→http://noranekoya.seesaa.net/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ありがとうございます!
またよろしくどうぞ♪