FC2ブログ

【ベター・ハーフ稽古日誌】年内最後の稽古

どうも喜田ちゃんです。
皆、愛をこめてりんちゃんと呼んでくれ。

さて、この「ベター・ハーフ」は恋愛要素が入っている、というよりすさまじい勢いでカップルが生まれたり消滅したりする劇なんですが…。


出演者四人ともぼっちだZE☆


忍翔「お前ら恋愛しろよ」
四人「ファーwwwwwwwww」


かくいう私もイブの20時からこのブログを書いているという。
この後別現場の打ち上げがあるとはいえ、かなり切ない時間を過ごしています。

ワロス!!

というわけで昨日を振り返ってみましょう。

昨日はタイトル通り、ベタハの年内最後の稽古。
というわけで初の台本外しての通し稽古…

忍翔「と、いつから錯覚していた…?」
四人「なん…だと…!」

はい、時間が足りず前半だけの通しとなってしまいました。

なんでかというと、宣伝用の写真撮ったり(因みに撮ったのはマイブラザー)、実寸で舞台の感覚つかむために色々測ったり、読み合わせとかやってたので。

というわけでこんな風景がありましたよん♪





因みに、鴻上企画では役者が中々台本を覚えないことで(内輪で)有名ですが、今回は台本覚えの救命策「座談会」を開くことなくスタート。理由はこのメンツなら行けんじゃね?とのこと。
「だがしかし、どうなることやら…」と忍翔は内心思っていたことでしょう…。
結果、ほぼ止まることなくGOできる事態!

「予想より形になっててよかったわ」

というコメント!

やったー!

え?そもそも三か月以上も稽古やってるのになんでセリフ覚えてこないんだって?

…ぐうの音も出ねえwww

とはいえ、台本覚えることをあんまり重視しないしおむすびの鴻上企画。
なんせ

忍翔「台本、まだ覚えてこなくてもいいよ」

演出がこれなんだ、甘えちまうぜ。

忍翔「台本を覚えてないからこそ生まれるものを大事にしてね」

こんな言葉が出てくるのは、やはりインプロ団体が故なのでしょうかね。
まぁ俺の予想では、

忍翔「(どうせ急造でセリフ覚えたところで台本を追おうとしてシーンおじゃんになるし、こっちのがいいだろ)」

こんなこと考えてると思います。
個人的には、ぱっと台本覚えて、且つ良きシーンが出来る役者になりたいもんですけどね。

まだ、その道は険しいってことで。

その後、皆んなで飯!



でかくて上手い!最強の唐揚げを食しましたよ!

その裏で、忍翔以外、傷の舐め合い大会が発生しましたが、ええ些細な出来事ですよ。


では…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント